BTA・ガンドリル・深孔加工のエキスパート

会社沿革

1964年9月石村公二が福山市川口町1200番地の1において「石村ネジ製作所」を個人経営として開業。
1971年2月曙町に工場を建設し、法人に改組、(株)協栄ネジ製作所と改称。
1978年振興ネジ工業と合併し、協栄ネジ製作所新涯工場とする。この頃より精密機械加工も取り組む。
1980年BTAマシンを導入、深穴加工を開始。
1981年新涯工場を閉鎖、曙工場を増築。
1985年小型BTAを導入。工作機械のスピンドルの穴明けを始める。
1988年ガンドリルマシンを導入。細穴にも対応した本格的深穴加工工場を目指す。
1989年NC旋盤2台導入。製鉄ロール加工に着手。
1991年西日本唯一、大型金型深穴加工用NCガンドリルマシン1200NCを導入。
1994年石村邦和が代表取締役就任
1996年現社屋へ移転
1996年大型BTAマシンを導入
1998年自社製作BTA「KYOEI」を導入
2004年SHIN-IL製大型BTAマシンを導入
2006年7月工場を増設。新型BTAマシン DAE-YANG製を3機導入
2006年11月IS09001品質マネジメントシステム、JIS Q 9100航空宇宙品質マネジメントシステム取得
航空機エンジンシャフトに本格参入。
2008年5月大型BTAマシンDEC DAE-YANG 155-4000CNC導入
2009年11月IS09001品質マネジメントシステム、JIS Q 9100航空宇宙品質マネジメントシステム更新。
2010年9月機械事業部を新設。本格的にBTA・ガンドリルマシンの販売を開始。
2012年11月IS09001品質マネジメントシステム、JIS Q 9100航空宇宙品質マネジメントシステム更新辞退。
2016年11月中型CNC旋盤MG75x390型を導入
2016年12月NC旋盤DAINICHI kDL 75X3000導入
2017年機械事業部 KYOEI–DECオリジナルブランドの立ち上げ
2018年2月KYOEI-DEC BTAマシン1号機を納入
2018年3月坂口光博が代表取締役就任
2018年10月BTAマシン KYOEI-DEC DMBL60-1200NCを導入
2019年3月ガンドリルマシンDMKG-1000NCを導入
2019年6月ガンドリルマシン「KANSAI」をKYOEI-DEC DMKG 32-1000に更新
2019年8月創立50周年記念祝賀会を開催
2020年5月中型NC旋盤DL75X290型を導入

社屋外観

社屋外観

TEL 084-953-2858

PAGETOP
Copyright © KYOEI Co., Ltd. All Rights Reserved.